皆様こんにちは〜(^^♪
4歳の女の子と2歳の男の子のパパとして、初めての姉弟の子育て奮闘中の心理カウンセラーの“たんたん”です。...
今回も心理学の要素を盛り込んだお話を投稿させていただきますね。

今回も引き続き『毎日の生活が楽しくなる見方』として【できごとの見方を楽しくしよう】をお伝えしますね〜〜

僕は人との付き合い方や距離のとり方に苦手意識がありました。
その結果、不登校⇒引きこもり⇒三色昼寝つき⇒肥満という完璧すぎるほどの不のサイクルにはまりました(笑)
肥満(身長160センチで70キロ)じゃ自分自身が嫌で、更に外に出て行くことが困難になっていました。
そこで一念発起してダイエットを決断!!
約3ヶ月でマイナス15キロ!
半年でマイナス20キロ達成ーーーーーーーー!!!

ダイエットの経験があるママさんも多いことでしょう。
ダイエットってお腹が空くから大変ですよね。でもお腹が減ることも見方を変えれば意外と大丈夫でした(笑)
その見方とは!!
「お腹が減っている時間と健康、さらには運勢は比例しているんだ!」
って事実に目を向けてみたんです。

腹八分目は健康に良いって聞いたことあるんじゃないでしょうか?じつは運勢にも影響があるそうです!

「そんなの分かってるわ。でもお腹いっぱい食べたいの!」という声が聞こえてきそうですね。

小食で運勢を良くして、生活習慣病の心配もなくしたいパパさん

素敵なプロポーションで健康になりたいママさん

まずは21日間『小食で健康生活&運勢アップ計画』お試しください!21日という習慣化しやすいといわれる期間だけでもチャレンジしてみませんか?

気になる計画内容は
 屬△覆燭量燭鬚い燭世ます」と感謝していただき。「ごちそうさまでした」と感謝で食べ終わる。
一回に口に入れる量を気持ち減らして、箸を置いて良く噛んで味わう。
たったこれだけですが食に対して変化することでしょう。

ちなみに僕がやったダイエットは
縄跳びダイエット(跳んで息が上がったら整うまで休憩し跳んで休憩を繰り返し30分)です。膝に負担がかかるので無理せずに!
これで素敵なパパさんママさんが増えますね(^^)

では次回のブログでは「お金がない」の楽しい見方を書いてみます。お楽しみに!

今回も貴重な命の時間を、ブログに目を通してくださったことに、自分自身を成長させたい向上心を秘めているあなたに、心より感謝いたします。キラキラの素敵な毎日になりますように!!

筆文字セラピスト・心理カウンセラー たんたん
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011584266901

詳しいお問合せ先
24mental55@gmail.com

【マゼンダハートサポートは複合型産後サポート滞在施設の創設を目指しています。】

パパさん、お仕事お疲れ様です。
いつも頑張っているパパをサポートしてるママさんもお疲れ様です。
飲み会や晩酌が続くと、次の日体がたるくなりますよね。
ドリンク剤など飲みながら頑張いる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
お酒の飲み過ぎで疲れた体を労わる食事を東洋医学の陰陽五行説を基に紹介します。
*東洋医学の陰陽五行説という考えに肝臓を労わる食材として、酸味のもの、梅干し、アサリやシジミが挙げられています。
*なぜお酒を飲みずぎると肝臓が疲弊でしょうか?
肝臓の働きの一つに、解毒作用があります。
何を解毒するのかといえば、有害物質やアルコールなどを分解・処理します。
お酒を飲み過ぎたり、お酒を飲む日が続くと、肝臓がアルコールを解毒しようと頑張り続け、疲弊してしまうからです。

労わる食事 
◆シジミやアサリの味噌汁◆
疲れた肝臓の働きを助けるのが、シジミやアサリです。
汁にしじみのうまみや栄養分がたっぷりでているので、貝を食べなくてもいいですよ。

労わる食事 
◆酢の物◆
これからの季節はキュウリなどのウリ科の野菜の旬ですね。
キュウリ+ワカメ+雑魚のキュウリの酢の物、いいですね。

労わる食材 
◆グレープフルーツなど、酸っぱい果物◆
果物の酸味も肝臓を助けてくれます。(サラダに混ぜてもいいですね)
私もお勧めは、グレープフルーツの果実半分をサラダに入れて、残りの半分は汁を絞り、ドレッシング代わりに使っています。

労わる食材
◆キャベツ◆
肝臓が不調になると胃にも負担が掛かり、不調になります。
みなさん、第2医薬品のキャベジンをご存知でしょうか?
この薬にはキャベツにある抗潰瘍成分(メチルメチオンスルホニウムクロリド)が入っています。
この成分は胃の粘膜を修復し、胃の調子を整える働きがあります。(http://hc.kowa.co.jp/cabagin/より

食べ方はその日の気分で!生キャベツで食べてもいいし、加熱をしてもOKです。
体が欲している食べ方で食べてくださいね。

これからも頑張るパパをしっかりサポートしていきたいですね。

【マゼンダハートサポートは複合型産後サポート滞在施設の創設を目指しています。】

”ハーブ”、といっても様々な種類があります。
身近なものだと、ペパーミントやラベンダー、ローズマリー、パセリやバジルなどでしょうか??...

ハーブに含まれる成分は野菜や果物にも含まれています。
現代人はカロリーを取りすぎる飽食の時代です。

ハーブにはカロリーがないので、エネルギーにはなりませんが、抗酸化(アンチエイジング)や抗炎症作用を持つので、老化や慢性的な炎症やアレルギーなどを防ぐことができます。
海外など暑い国ではハーブをお料理にたくさん入れて、たくさん食べています。
ぜひ、皆さんも毎日の食卓にたくさん取り入れていきましょう♪

野菜や果物(食品)とハーブに共通に含まれる成分と同じ機能を持つハーブを少しご紹介したいと思います。

(野菜&果物)     (ハーブ)
●トマト・ニンジン  ➡ カレンデュラ(抗酸化作用)

●タマネギ・アスパラ ➡ ネトル(解毒作用)

●舞茸・椎茸     ➡ エキナセア(免疫力UP作用)

●レモン・グレープフルーツ ➡ ハイビスカス(疲労回復作用)

●ゴボウ・菊芋    ➡ ダンディライオン(整腸作用&解毒作用)

●リンゴ・ダイコン  ➡ ローズヒップ・ハイビスカス(緩下作用)

毎日の食卓に並んでいる野菜や果物とハーブの化学成分に共通性があることも、科学的に明らかになっています。

カロリーを増やさずに同じ栄養成分を取り入れることで、同様の効果が期待できるのですね。
ハーブはますます研究が進んでいる分野です。
毎日の暮らしの中で、野菜や果物、ハーブをうまく活用しながら抗酸化型のライフスタイルに変えていきましょう。

ハーバルセラピスト 宮尾恵子
ヘッドスパ&リフレクソロジーサロンモリンガ 
http://spa-moringa.com/

【マゼンダハートサポートは複合型産後サポート滞在施設の創設を目指しています。】

食事のこと、からだのことを勉強しているモチコです。
今回は女性の悩みの一つ、髪の毛のトラブルについて。

「抜け毛が多くて・・・」
「髪の毛が薄くて・・・」など困っている方いらっしゃいませんか?
東洋医学では「腎の華は髪にあり」といい、髪の光沢、成長などに関係しています。
「腎」は西洋医学では腎臓、膀胱、生殖器にあたります。
抜け毛や薄毛でお困りの方は、
^篥租に腎が弱いから
△發靴したら、「腎」の働きが弱っているからかもしれませんね。
「腎」の働きを助ける食材は、
『海藻類』・・・ひじき、昆布、わかめなど
『黒豆』・・・特に、黒豆の煮汁(砂糖類は使わない)が効果期待。
『もち米』・・・冷えている場合はおこわやお餅などを食べると温まります。

時々、若いころから前髪だけが白髪になる方がいらっしゃいますが、
『それは「腎」が疲れていますよ』というサインです。
「腎」が弱ると、いろんなサインを出します。
例えば、
〔椶硫爾縫マができやすくなったり
頻尿になったり
Bがむくみやすくなったりします。
すが冷える、痛むなども腎のサインです。

体はサインを出しているので、体からの声に耳を傾けてくださいね。

【マゼンダハートサポートは複合型産後サポート滞在施設の創設を目指しています。】

ステキな1日を過ごすために、朝のハーブティ生活はじめてみませんか?
朝はカフェイン入りのコーヒーで頭をスッキリとさせたい、という人も多いはず。
ですが、お目覚めの1杯をハーブティに変えることで、前日に食べたものを老廃物として排出してくれる作用があります。
血液をサラサラにするため、朝起きたらまずは水分を補給をしましょう。
1日のはじまりでもある朝をスッキリ気持ちよく過ごすことで、その日の気分だったり、仕事の能率も断然に良くなりますよ。

◎頭をシャッキリ&スッキリさせたい時に
・ぺパーミント
スッキリとした清涼感のある味と香りが特徴です。
集中力高めてくれたり、ストレスが元になる下痢や便秘などの過敏性腸症候群の方にも◎
私は、これに解毒作用のある「カレンデュラ」をブレンドしたハーブティを毎朝、愛飲中です。
ミントの香りを嗅ぐだけでも頭の中がスッキリとしてくれます。

◎利尿効果&デトックスに
・ダンディライオン
身体の中にたまった余分な塩分や水分を出してくれます。緩下作用があるので、便秘の時にとても効果的です。
根をローストして淹れたハーブティは、「ノンカフェインのヘルシーコーヒー」や「たんぽぽ珈琲」としてカフェインを気にする方にも愛飲されています。
母乳の出をよくしてくれる効果もありますね。

◎美肌や運動時の水分補給にも
・ローズヒップ
ローズヒップにはレモンの20倍〜40倍の天然のビタミンCが入っています。「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれています。これからの暑い季節にぜひ取り入れたいハーブティの1つです。
ハイビスカスをブレンドすることで相乗効果が得られ風味も向上して飲みやすくなりますよ。

〜プレママ、ママは要注意〜
カフェインレスだからといって、飲み物をコーヒーからハーブティーに変えるプレママも多いですが、子宮を収縮させる作用のあるハーブティもあるので要注意です。
セージなどのハーブティは、妊娠中は使用しないようにしましょう。
目覚めにハーブティを取り入れることで、気持ちのよい1日が送れますように。

ハーバルセラピスト 宮尾恵子
ヘッドスパ&リフレクソロジーサロンモリンガ 
http://spa-moringa.com/
【マゼンダハートサポートは複合型産後サポート滞在施設の創設を目指しています。】


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM